転バイヤーのノウハウPart2

 

 

 

好評第2段。転バイヤーのノウハウ話、前回の続きです。

前回は、労働対効果と費用対効果のお話をしました。

今回は、”何をどこで安く仕入れるのか?”というお話をしましょう。

IMG_0537

 

商品の仕入先の簡単な見つけ方

普通の小売店が商品を仕入れるところと言えば問屋さんです。
大量在庫を抱えている卸から仕入れるんです。

じゃあ、一個人が卸から商品を仕入れられるか。といえば色々ハードルは高いのが実情。

ある程度のボリュームが買えないと契約できないし、
店舗を構えていないとNGという業種も多いです。
一見さんはCOD(現金前払い)でないと取引させてもらえなかったりもするので、
資金繰りも大変。

それに、売れるかどうかもわからないものを大量在庫抱えてしまっては、
それだけでやりくりもきつくなりますよね。

じゃあどうするか。

 

エンドユーザーでも卸値で買える場所があるんですよ。
アウトレット?いやいや。いくのメンドクサイでしょ。運ぶのも大変だし。

一番手っ取り早くて便利なのは楽天です。

楽天には、実は小売店と見せかけて、卸業者がかなりいるんですよ。
というのも、実際の店舗を構えなくていいので、倉庫からそのまま発送する。
だから卸業者でもネット通販をやっている会社さんは多いのです。

ところが、本業である卸のお客さんは小売店。
つまり、楽天の中では競合になるのです。
本来卸業者のほうが安い値段で販売できるのですが、卸価格で出品してしまうと、
小売の客の邪魔をしてしまう。
なので、値段設定は大体小売に合わせるか、若干安くしているはずなんです。

じゃあ、別に卸を見つけたとしても、小売価格で販売しているんじゃあ意味ないじゃん・・・

って思うでしょ。
でも、価格以外にも卸を見つけて買う大きな理由があるんですよね~。
それは圧倒的な在庫数です。
卸の強みは在庫ですから、大量在庫を持っているところを探すんです。

じゃあどうやって卸か小売かを見分けるか。ですが、
価格が安いのはもちろんですが、先ほども言った通り、価格ではそんなに目立って競争していることはないはず。

例えば、楽天でお買い物をしたことのある人だったらわかると思いますが、
検索をかける際、お店の商品数順に並び変えることができます。
当然規模の大きいお店は商品数が多いですよね。

あとは、注文する際、数を入力します。
そこに試しに100個と数字を入れてみてください。
すると、”在庫は5個しかありません。”という表示が出てくるんです。
そうすることによって、その店の在庫状況って一目瞭然なんですよね。

常に大量在庫を持つ業者かどうかの判別が簡単につくわけです。

この作業で仕入れ先を見つける。
ここが一番重要なポイントになるのです。

大量在庫を持つ卸業者を発見したら、次にどうするか。
ノーリスクで商売する転バイヤーって言ったら。。。。

知っている人は察しがつくはずですが・・・
(これはまた次回!)

余談ですが、楽天はホントあなどれないです。
本店のリアル店舗より売上が上がっているお店も多いんではないでしょうか。

脱サラ後、前職のクライアントが楽天店舗を立ち上げたいと言うので、

数か月間ほど田舎に移り住み、新規事業のコンサル的なことをしたんですが、
実店舗3店舗分の売り上げを、開店後わずか2か月で達成しました。
やっぱり地方のお店にとってネット販売は必要不可欠ですね。
だって・・・・・
そこの店舗って、市内の超繁華街にあるにも関わらず、1日の訪問客は数十人。
そんなんでダイジョブか!?!?
って本気で心配しましたもん。。。

 

人が全然歩かないような商店街で売るよりも、楽天だとターゲットは何百倍にも広がりますからね。

しかも待っているだけの店舗に比べると、戦略が立てやすく、攻めの販売ができます。
数字をコントロールしやすいんです。

ただ、楽天で気をつけなければならないことは、

偽物を販売する業者も多いということ。

以前はそんなこともなかったのですが、ここ数年のユルさはヒドイ。

並行輸入商品で、あまりに値段が安すぎるもの、他店が在庫切ればかりなのに、

大量に在庫を保有している商品は、怪しいですね。

店舗管理者の名前を確認すると、外国人だったり・・・・

可能であれば、販売住所まで一度出向いて商品をチェックする。という方法もあります。

 

いずれにせよ、ネット上で、仕入先、卸業者をみつける手段としては楽天はとても有効です。

 

ほぼノーリスクでお店を開業する転バイヤーのノウハウシリーズ。

次回は、実際の店舗運営の話をしましょうか。

(次回に続く)

この記事を書いた人

sarahTwitter:@sarahfx1
★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のコラムニストとしても活動中。
【著書】「わたし、すっぴんジャージで『億』を稼いでます」(小説・幻冬舎)「FX 7つの成功★レッスン」(ビジネス書・宝島社)

関連記事

ピックアップ記事

fc2blog_20140921192733341

2014.9.29

恋愛したくなる時期

今日は気学教室の日でした。 気学ネタ。男性の方はつまらないと思いますが、箸休めに書きます! 今日のテーマは、”どれにしようかな。” と…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る