九星気学で見た行き遅れやすい星とその対策

rosering.png

あなたの周りにも「行き遅れ女子」、つまりお嫁にいけない女子っていますよね。

 

行き遅れていること自体が悪いことという訳では決してないけれど、何よりその本人達が一番不安を抱えていることでしょう。

しかし、ちょっと角度を変えるだけで、男性からの見え方は変わるので星別の特性とヒントを挙げていきます。

 

まず、九星気学でみた行き遅れやすい星は…

五黄土星、六白金星、八白土星。

(ご自身がどの星かはこちらをご覧ください!)

 

それぞれの星の性質について。

images

まず、五黄土星は「マグマの星」なのでとにかく重い。

重い女は逃げられるので、重くならないよう気を付けると変わってきます。

また、五黄土星は勘違いされやすく「偉そう」に見えてしまうので、本来持っているせっかくの「可愛さ」を前面に出すようにしてみましょう。

 

4

そして、六白金星は通称オヤジの星&お金の星なので、いわゆるオンナ度や女子力が低く、自分で稼げてしまう人が多いのです。

正義感が強く正しく生きたいという想いが強く面倒見もいいため、周囲から絶大な信頼が得られるのもこの星。

相談を持ち掛けてくる同性の友人なども多いはず!

しかし、その分思い込みが激しく頑固なため、人の話を聞けない傾向が。

若くて可愛く、まだ頑固さがそれほどでもないうちにいい人を見つけましょう。

 

3

そして、最後は八白土星

八白土星の女性は頭がキレる人が多いので、その部分が前に出てしまいやすい。

五黄土星がマグマの土であるのに対して、八白土星は森の土、そして二黒土星は畑の土。

森の土である八白は自分で生きていけるのに対して、二黒土星は畑の土なので、肥料(男性)がないと生きていけない人が多い。

 

八白土星は、本来寂しがりやの「かまってちゃん」が多いが、誰も来ない森になるのか賑わう森になるか、ほぼ真っ二つに分かれてしまう。

八白の人は頭のキレる部分を前面に出さず、同じ頭の良さでも「能ある鷹は爪を隠す」的な「控え目な賢さ」を意識するとよい。

頭がキレるばかりに可愛げがなくなって生意気になるのもこの星の傾向なので、可愛いく振る舞えるように工夫してみましょう!

自分の性質を理解しつつ、ちょっと見せ方を変えるだけで人からの印象は変わるもの。

そんな工夫も人生には必要かも知れません。

その他の星別特徴はコチラからどうぞ⇒九星気学で見る「男性からみた星別女性の特徴」

この記事を書いた人

池田ゆいTwitter:@ikedayui
恋愛コンシェルジュ、FXタレント、ヴォーカリスト。
銀行時代ディーリングの部署にいた経験をいかしてトレードブログを書いたところ、一躍人気ブロガーになる。以降、TV、雑誌、ラジオ等各メディアで活動する傍らヴォーカリストとして音楽活動も行う。著書は「爆勝 資金を短期で10倍にするFX投資法則」。恋多き人生で、かつてはダメンズウォーカーだったものの卒業を誓い、38歳で理想の結婚をしたことから、恋愛アドバイザー&研究家としての活動を行う。

関連記事

ピックアップ記事

二黒

2016.2.3

2016年の1年間の運気 (2016年2月4日~2017年2月3日)

2月4日から2016年の運気が始まります。 木村先生を交えてサラ、ゆい、トモラニが2016年の全体運と各星の運気を お届けします…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る