考え方が合う異性と結婚しよう

151201ichigo

◆考え方が合う異性と結婚しよう

人それぞれ、「結婚の理想」ってありますよね?

私も結婚する前、もちろんありました!笑

結婚は、生活であり人生です。

そもそもお互いの考え方について、事前によく話し合いをしておくことが、結婚後の失敗を防ぐためには重要です。

もちろん、万全に話し合いをしたからといって、うまくいくという物でもないのですが、しないよりは絶対にしておいた方がいいと思います。

たとえば「離婚」に一番大きく関わってくるのは、仕事に対する考え方ですよね。

結婚後、奥さんに働いてほしいのか専業主婦になってほしいのかとか、そのあたりです。
そこは生活に直結しますから。

大前提としてこの見解が一致してないと、結局、離婚に至ってしまうカップルはとても多いです。

◆話し合いの際は本音で向き合えることがベスト

後は、こういう大事な局面での話し合いで、変に遠慮しないこと。

自分の希望や意見をきちんと言えることも、結婚生活ではすごく大切。

話し合いの場で変にかっこつけたり、逆に相手に遠慮したりして、本音と違うことを言ってしまった場合にも、自分で後々バランスをとるのが大変になってきてしまいます。

また、注意すべきなのは「自分はどちらでもいい、相手に合わせられる、どっちでも大丈夫」と思っている人。

実はこれ(?)がくせ者。

独身時分から、自分の特性については、よく知っておいたほうがいいですよね。

お家が好きで好きで全然出かけなくてもいい人なのか、外で飲まないとストレスが溜まって仕方がない人なのか、週末は必ず趣味の時間がほしいだとか、逆に仕事以外は何もしたくない人だとか、いろんなタイプの人がいますから。

たとえば具体的には、結婚したら専業主婦になりたい!と希望してる女性がいたとします。

ところが、あんなに憧れだったのに、実際にやってみると「専業主婦って暇~!やっぱり働きたい!」と思う人も少なくないようです。

また女性側の収入がなく夫の収入だけで過ごすため、旦那さんの収入が高ければ別ですが、そうでもない場合、好きな物が買えなかったりしてそれがストレスになり、結局本人も仕事をし始めて、すると今度は仕事と家事の両立が大変・・・。

そして、喧嘩・・・。

という悪循環に陥るケースもあったりします。

もちろん、収入や環境、考え方や生活レベルなどは、人それぞれなので、全てがのぞみ通りとはなかなか行かないかもしれません。

ですが、自分自身が何を幸せだと思うのか、どういう生活をしたいのか、何が合っているのかといったことを考えたり知っておいたりすることはすごく大切です。

あとは、たとえば最近はそういう男性も少ないですが、ほんとは家に入って自分を支えてほしいと思っているのに、奥さんがキャリア志向で結婚後もバリバリ仕事をしたいと思っている場合、よっぽどでない限り結婚生活の継続は難しいです。

◆「話し合いができる男性」を選ぼう

また、かつてダメンズウォーカーだった私の経験では、時々、話し合いができない、もしくは話し合いから逃げる男性がいたりしますが、これはもう論外!

おそらく男性にとって「男女間の話し合い」というのは面倒でしかないものなので、それが好きという人はあまりいないと思うのです。

女性は男性と違って「話をする」というそのこと自体で、そこに結論がなくても満たされるのですが、女性と男性では脳の構造が違うので。

でもだからこそ、「きちんと話し合いができる男」というのは、私の中で「いい男の条件」の一つだと思っています。

それに、愛情があればきちんと向き合おうとしてくれるはずですからね。

また、何か事件が起きたときや話し合いが必要な局面で、きちんと話し合いができる男性かどうかがわかったり、相手の考えていることが見えたりしますから、男女間において、いろんな意味で「話し合い」ってすごく重要です。

というわけで、「きちんと話し合いができる男性」を選んでおいたほうが幸せな結婚生活を送ることができます。

さらに話し合いをして、お互いの考え方が一致していればなおベスト!

そういう男性をおすすめします!

この記事を書いた人

池田ゆいTwitter:@ikedayui
恋愛コンシェルジュ、FXタレント、ヴォーカリスト。
銀行時代ディーリングの部署にいた経験をいかしてトレードブログを書いたところ、一躍人気ブロガーになる。以降、TV、雑誌、ラジオ等各メディアで活動する傍らヴォーカリストとして音楽活動も行う。著書は「爆勝 資金を短期で10倍にするFX投資法則」。恋多き人生で、かつてはダメンズウォーカーだったものの卒業を誓い、38歳で理想の結婚をしたことから、恋愛アドバイザー&研究家としての活動を行う。

関連記事

ピックアップ記事

fc2blog_20140921192733341

2014.9.29

恋愛したくなる時期

今日は気学教室の日でした。 気学ネタ。男性の方はつまらないと思いますが、箸休めに書きます! 今日のテーマは、”どれにしようかな。” と…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る