初心者向けビットコインの豆知識その2

images (3)

 

 

初心者向けビットコインの豆知識の続きです。

 

FXトレードがさかんな日本において、暗号通貨トレードも盛り上がるのでは?

と思うのですが、暗号通貨市場において、残念ながら日本は後進国。下記チャートを見て下さい。

 

名称未設定

http://bitcoincharts.com/charts/volumepie/ より引用

 

世界の対ビットコイン取引ボリュームを表したものです。

BTC/USDつまり、対ドルの取引量が全体の54%を占めています。次に多いのが、BTC/CNYつまり対中国元で28%。第3位がBTC/EURの6%。この3ペアで、実に全取引の約9割の取引量となっています。

CNYの取引量が多いのは、やはり国の情勢を表しているのでしょう。国外に資産を持ち出すのが難しい中国にとって、ビットコインはうってつけです。去年、ロシア情勢、シリア情勢が悪化した際も、ビットコインの価格が上昇しました。

 

 

日本のJPYとの取引はというと、世界第8位。なんとポーランドズロチ(PLN)や豪ドル(AUD),カナダドル(CAD)よりも少ないんです。FXにおけるメジャー通貨の一画を担うJPYとしてはちょっとさみしい気もします。

それはなぜかというと、日本国内においては、このような見解を政府がうちだしたからです。

“現行の銀行法および金融商品取引法に照らしてビットコインは通貨でも有価証券でもないとして、銀行や証券会社が本業でビットコインを扱うことを禁止した。”wikipediaより

このことにより、ビットコインを取り扱おうとしていたFX会社も当面は取り扱いを見送ったのですね。今後どうなるかはわかりませんが、現状、通貨としてFX会社がビットコインを取り扱うのは厳しいようです。逆に言うと、通貨ではないということは、ビットコインで労働対価として報酬をビットコインで受け取っても物々交換扱いということになるわけです。今や、デビットカードでビットコイン支払いができるようになってきた世の中で、この法律は遅からず改正される気がします。

 

高城泰著の「ヤバイお金 ビットコインから始まる真のIT革命」に書かれていたエピソードにもあるように、ビットコイン長者は世界に数多くいらっしゃいます。マウントゴックス事件の際、日本国内の債権者は、全体のたった1%。しかも、そのほとんどが日本在住の外国人だったそうです。つまりどういうことかというと、世界的に見ても日本人のビットコインホールダーはとても少なく、日本自体、暗号通貨後進国であると言えるのではないでしょうか。

私は、個人的に暗号通貨市場は今後益々拡大していくと思います。日本でも、正しい情報が広まり、市場参加者、ユーザーが増えていくことを願います。

 

 

メルマガはじめました!豪華特典プレゼント付きです★
バナー300×250
女流空間メルマガ

気学を学びたい人、動画鑑定を受けたい人は→こちら
私の師匠、木村先生が鑑定してくださいますよ。
個人的には、動画教材やお教室で実際にお勉強したほうがはるかに役立つと思います。

 

 

この記事を書いた人

sarahTwitter:@sarahfx1
★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のコラムニストとしても活動中。
【著書】「わたし、すっぴんジャージで『億』を稼いでます」(小説・幻冬舎)「FX 7つの成功★レッスン」(ビジネス書・宝島社)

関連記事

ピックアップ記事

二黒

2016.2.3

2016年の1年間の運気 (2016年2月4日~2017年2月3日)

2月4日から2016年の運気が始まります。 木村先生を交えてサラ、ゆい、トモラニが2016年の全体運と各星の運気を お届けします…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る