どの星の人と結婚するか

子星親星

◆あなたの意中の彼はどの星の人?

女性なら誰しも、好きな人が出来るとその彼との相性を見てもらったり自分で軽く占ったりすることは、きっと皆さん経験済みですよね?

もちろん、私もやりましたよ!何度も!笑

昔から占い大好きなので!

そして九星気学に出合って、より深くいろんなことを知ることが出来るようになりました!

その一つが親星・子星・兄弟星、相克(そうこく)などの相性です。

これらは、なにも相克(わかりやすくいえば相性が悪いという意味)だから好きになるな!とか、お付き合いするなとか、そういうことではありません。

けど自然と惹かれあって結婚に至るご縁の人とは、それぞれのキャラによって、やっぱりその星を選んでる意味や理由などを考えると、自然とその人のキャラクターがよく表れているなと思うのです。

例を挙げて具体的にお話していきましょう。

私の友人で六白金星の美女がいるのですが、六白金星はお金の星、オヤジの星ですね。

そんな彼女が結婚したのは、八白土星の彼。

八白土星といえば陽気(に見える・笑)で、人が大好きなかまってちゃん。

そして商売上手でちょっぴり頑固な星ですね。

富も巨額な桁を引っ張って来ることが多いです。

★各星の親星

・六白金星、七赤金星の親星 ⇒ 二黒土星、五黄土星、八白土星
・二黒土星、五黄土星、八白土星の親星 ⇒ 九紫火星
・九紫火星の親星 ⇒ 三碧木星、四緑木星
・三碧木星、四緑木星の親星 ⇒ 一白水星
・一白水星の親星 ⇒ 六白金星、七赤金星

私の友人の、その六白金星の彼女にとって、八白土星は親星で頼れる存在、守ってくれる存在。

そして彼にとっては子星で無償の愛を注ぐ対象であり、守るべき存在です。

この夫婦、実はいわゆる不倫を経ての略奪婚なのですが、彼女と結婚してから彼の才能はますます開花し、今や(多分ですが)すごい富を得ています。

彼女は前に出ることはせず、なんというのでしょうか、陰で完全に彼を操作しているような関係性なのです。もちろんいい意味でね!笑

この組み合わせの場合、やはり当然のことながら親星子星ですから愛し合ってもいるし、本当の意味で仲のいいとっても素敵なカップルです。

なにより彼女がなんといっても超キュートな美女で愛されキャラなので、彼女にはやはり親星の彼との結婚がぴったりでした!

そして、次の例ですが、同い年とかだとそうなることが多いのですが、同じ星も含め、兄弟星と結婚している人。

この場合、たいてい「男女だなんだ、色気だなんだ」はあまりなく「同士」的な関係が楽とか好きだと感じる性格の人が多いようですね。

とにかくあっさり系の人が多いです。

ただ、一つ述べておきたいのが、兄弟星でも違う星ならそうはならないのですが、同じ星の人だと、浮き沈みのバイオリズムが一緒になってしまうため、上がるときも落ちるときも一緒だということをある程度覚悟しなければなりません。

でも、結婚なんて運命共同体だからそんなもんだよー!と思っている人にはちょうどいいのかもしれませんね。

私の場合は上がるときは良くても落ちるときが一緒なのはイヤなので避けてしまいます!

では次に相克の人と結婚する人です。

こちらは「人生、一生勉強!」と神様から言われている人のような気がします!笑

私の勝手な考えですがね!

なんというか、例えば結婚前の苦労が足りなかったとか、あとはこの相克の人と結婚した場合、結婚後、他に好きな人が出来てしまう人も多いようです。

色んな意味で「人生そんなに甘くない」ということを課題として突きつけられているというか、そう感じてしまいますね。

でも、相克の相手って妙に惹かれてしまったりするんですよねぇ。。。

なんといっても自分にない魅力を持っていますから。

私も相克の相手をものすごく好きになった経験がありますよ!

最後に、子星と結婚する人は、男性なら男らしく、女性なら姉御肌気質の頼りになるタイプが多いです。

だって相手を守ってあげたいわけですからね。

例えば、男女逆転夫婦(それはそれで個人的には全然ありだと思ってます!)とかで、女性側が一家の大黒柱で、年齢や収入、立ち位置などが全て上で、旦那さんが専業主夫というカップルも、女性側が親星だったりするパターンが多いです。

いい恋愛やいい結婚をするには、まずは大前提として己をよく知っている、良くわかっていることは言うまでもありません。

私も自分のダメさも含めよーく自分をわかっているので、九星気学に出合う前でしたが、ちゃっかり親星の彼と結婚しちゃってました!

皆様もありのままの自分を受け入れて、自分の性格に合った結婚相手を選んでくださいね!

この記事を書いた人

池田ゆいTwitter:@ikedayui
恋愛コンシェルジュ、FXタレント、ヴォーカリスト。
銀行時代ディーリングの部署にいた経験をいかしてトレードブログを書いたところ、一躍人気ブロガーになる。以降、TV、雑誌、ラジオ等各メディアで活動する傍らヴォーカリストとして音楽活動も行う。著書は「爆勝 資金を短期で10倍にするFX投資法則」。恋多き人生で、かつてはダメンズウォーカーだったものの卒業を誓い、38歳で理想の結婚をしたことから、恋愛アドバイザー&研究家としての活動を行う。

関連記事

ピックアップ記事

二黒

2016.2.3

2016年の1年間の運気 (2016年2月4日~2017年2月3日)

2月4日から2016年の運気が始まります。 木村先生を交えてサラ、ゆい、トモラニが2016年の全体運と各星の運気を お届けします…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る