ドラゴンフライでホステス業を学びました

fc2blog_2015020615025524cs

 

 

室井佑月さんのドラゴンフライ。

いやあ。生々しくて面白かったです(笑
銀座の世界なんて、全くご縁のない世界。

なので、想像の範疇を超えません・・・
ただ、秋田の田舎から出てきて、整形し、尊敬するお姉さんに出会い、
自分の急激な変化に戸惑う主人公の様子に、ついつい自分を投影してしまいました。

 

ホステス業は色恋ではない!?!?

ところで、改めて思ったんですが、ホステス業って実に奥深い。
ただの色恋じゃないんだなあと。

色恋で客をつなぎとめるのではなく、総合的なマーケティング能力、
マネージメント力、政治力が必要なんだと思いました。

 

お客相手はもちろんのこと、同僚、部下の心も掴まないとやっていけない。

お姉さん指名の団体客を接客する際、
ヘルプが自分のために頑張ってくれないと、
その席は盛り上がらない。
だからヘルプが頑張ってくれるよう、
その子たちのご機嫌取りもしなければならない。
逆に、ヘルプの子は、お客さんに気に入られるよりも、
お姉さんに気に入られる方が大事。
そうするとお客さんを回してもらえるから。

そんな仕組みなんですって。面白いね。
やっぱり政治力だわ。

しかも、銀座のホステスといっても、まだ20代〜30代でしょ。
その若さで、さらに若い子たちに慕われるような人望がなければお姉さんなんてやっていけない。
かわいい、モテるだけでそこそこまでいけるかもしれないけど、
おバカさんではトップまでのし上がれないわな。

そういえば私、昔、仕事のお付き合いで銀座のクラブ(キャバクラ?)に、
一度行ったことがありました。

私一人女だったので、イケメン黒服のお兄さんが接客してくれました(笑

どうだったか・・・?

覚えてない!!!
男たちは、男同士で話すわけでもなく、
綺麗なホステスさんたちにチヤホヤされて、
楽しそうでしたが。

バーチャルいちゃいちゃで、何が面白いんだろうねえ(笑

この記事を書いた人

sarahTwitter:@sarahfx1
★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のコラムニストとしても活動中。
【著書】「わたし、すっぴんジャージで『億』を稼いでます」(小説・幻冬舎)「FX 7つの成功★レッスン」(ビジネス書・宝島社)

関連記事

ピックアップ記事

二黒

2016.2.3

2016年の1年間の運気 (2016年2月4日~2017年2月3日)

2月4日から2016年の運気が始まります。 木村先生を交えてサラ、ゆい、トモラニが2016年の全体運と各星の運気を お届けします…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る