愛知県「大口屋」の麩まんじゅう

◆文政元年創業 和菓子の老舗「大口屋」

1818年創業の愛知県の老舗和菓子店、大口屋の看板商品である麩まんじゅう「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」!

こちらが、大変おいしゅうございますの(岸朝子さん風)!

まずは包みはこんな感じで賞味期限は2日間と短めですね。

fumanjyu1

包み紙を開けるとこんな感じ。

fumanjyu2

その箱を開けると、見た目も可愛い麩まんじゅうが出てきます。

お麩のもちもちした食感に塩味が効いていて、中のこし餡との融合が絶妙!

fumanjyu4

fumanjyu5

名古屋のお土産といえば、昔はういろうしかなく、これをいただくと正直テンションが下がっていたアタクシですが、今やういろうも進化して種類も増え美味しくなっているようですよね。

この間、久しぶりに進化したういろうをいただいて驚きました。

ういろうもいいですが、目新しい名古屋土産をお探しの方は「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」はいかがですか?

ただ、こちらの麩まんじゅう、東京でも買えるそうですが。

★日本橋三越本店 B1F 菓遊庵売場 毎週月曜日
★銀座三越 B1F 菓遊庵売場 毎週金曜日
★西武池袋本店 B1F 和菓子売場 毎月第2・4土曜日正午~(H26年5月10日より)

また、オンラインでも購入可です。

ご興味あるかたはこちらからどうぞ→大口屋オンラインショッピングページ

 

この記事を書いた人

池田ゆいTwitter:@ikedayui
恋愛コンシェルジュ、FXタレント、ヴォーカリスト。
銀行時代ディーリングの部署にいた経験をいかしてトレードブログを書いたところ、一躍人気ブロガーになる。以降、TV、雑誌、ラジオ等各メディアで活動する傍らヴォーカリストとして音楽活動も行う。著書は「爆勝 資金を短期で10倍にするFX投資法則」。恋多き人生で、かつてはダメンズウォーカーだったものの卒業を誓い、38歳で理想の結婚をしたことから、恋愛アドバイザー&研究家としての活動を行う。

関連記事

ピックアップ記事

IMG_0168

2014.10.21

私と石の出会い

今はすでにアラフォー、アラフィフに近い私ですが、(笑) 最初の石との出会いは24才の時でした。 それは24歳の夏休み オースト…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る