商品の価値は売る側次第

a0790_001102

 

 

商売って不思議なものだなってつくづく思います。

例えば、お隣さん同士で同じ商品を売ったとします。

普通100円安ければお客さんはみんな100円安い方を買うじゃん!
って思いますよね?

電化製品とか、ブランド名と型番とかがはっきりしていて、
その商品が欲しい!それを狙って価格をわざわざ調べたりするマメな人は別として、
みんながみんなそうとも限りません。

sarahも20代そこそこでお金があまりないけちけち生活を送っていた頃は、
少しでも安く買いたい!と値段に敏感なほうでした。

でも、歳をとるにつれ、値段だけで商品を選ばなくなりました。

例えば、店員さんが好きで、その人に勧められたものだったら無条件に買ったり、
たまたま一目ぼれして即買いしたり。
特にプレゼンにめちゃ弱いので、その人やお店のプレゼンYESでモノを買ったりするようになったんですね。

この人説得力あるな・・・!とか、この人が勧めるもんだったら間違いない!
と惚れて買うんです。
だから、売りこみでも営業でもどんどんきてくれ!って思っちゃう。
完全にいいカモです(笑)

でも、そういう買い方をすると、隣のお店でもっと安い値段で同じ商品が売られていても、
あまり損した~!!!という気にもなりませんし、
何よりも気持ちよく買い物ができたということで完全にリピーターになってしまいます。

ネットでの転バイヤーの腕はそこなんです。

たった一人で商売する人間にとって、値段で勝負する大手に立ち向かっても競合相手にすらなりません。
当然のことながら、値段で動く客も相手にしません。

 

じゃあ何で勝負するか。

値段ではなく、プレゼン能力とか、商品の見せ方。そこが大きく勝敗をわけるんです。

例えば超ド素人のsarahの友人が、オークションで出品する際、

”もう履かないものなので売ります。”

なんて普通に商品説明の中に書いてました。
絶句モンですよね(笑)

そりゃあ当然自分が要らないものを出すわけだから要らないに決まってるけど、
普通そんなこと言ったら、その商品は死んでしまいます。

でも、

”足がとってもキレイに見えますよ★”とか、
”ジーンズに合わせてカジュアルにも着こなせますし、オフィス用にもOK!”

なんて書かれてあったら、イマジネーション上がりますよね?

同じ商品でも、言葉一つで価値が半減したり、倍増したりするから不思議です。

これ売れないでしょ!と思って売ると、自然に言葉になって現れるもの。
必然的にその価値すら下がってしまいます。

でも、こうしたら売れるんじゃない?こうしたら絶対お客さんは喜ぶはず!と思って売ると、
お客さんも敏感に感じ取るものなんですね。

この違いは大きいです。

商品の価値は、売る側が決めるといっても過言ではないと思います。

でも結局なんでもそうじゃない?
価格やお金で人を動かすか、ハートで心を動かすか。
人の価値基準は千差万別ですから・・・・・

価値はコントロールされるものじゃなくてコントロールするもの。あなた次第!


なのですよ!!!!!

この記事を書いた人

sarahTwitter:@sarahfx1
★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のコラムニストとしても活動中。
【著書】「わたし、すっぴんジャージで『億』を稼いでます」(小説・幻冬舎)「FX 7つの成功★レッスン」(ビジネス書・宝島社)

関連記事

ピックアップ記事

二黒

2016.2.3

2016年の1年間の運気 (2016年2月4日~2017年2月3日)

2月4日から2016年の運気が始まります。 木村先生を交えてサラ、ゆい、トモラニが2016年の全体運と各星の運気を お届けします…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る